FC2ブログ






スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メキシコ60テレの改修 

ちょい傷特価品のメキシコ60テレですがなんとミックスでフェイズサウンド!
しょうがいない自分で直すか・・・ということで中身をチェック。

P1000892mini.jpg
フロントピックアップを見てみると配線が3本。
ホット、コールドとピックアップカバーのアースまで!
テキスペって標準で3本なの!?

P1000895mini.jpg
リアを見てみるとコールドがすぐ近くのラグ端子に繋がっていて、ブリッジアースされてました。
テキスペのリアってこんな仕様?

P1000899mini.jpg
トラスロッドはネック外さなくても出来そうな予感!
でもイケベで買うときちょっと反っていて、その修正時には普通に外して調整されてましたけど。
ってか上にある丸穴は一体・・・

P1000901mini.jpg
電装は一見普通に見えますが・・・

P1000903mini.jpg
配線を切った跡が!なにこれ・・・

ちなみに配線の色から判断すると結線は間違って無さそう。なのになんでフェイズサウンド?
ということでテスターでピックアップの相違を調べてみると逆相違!
もう何がなにやら・・・
そういえばポールピースを間違って逆に差し組み立てられ逆相違になってしまった不良品があるという話を聞いたことがありますが、もしやこれが!?
ということで磁石を持ち出し、まずはリアで反発する極を調べる。
その極でフロントに近づけてみるとくっついた!ビンゴ!(W
はぁ・・・
もしかしてこれってこの不良で返品された中古品じゃね?しかも前の持ち主がちょこっといじったりしてね?という気がしてきましたが後のフェスティバル。

P1000905mini.jpg
気を取り直して配線を組み替えフェイズサウンドを直す。
ついでにガタが気に入らなかったのでフェンダー純正のスイッチを CRL 3WAYに。
AカーブのVol POTもいやだったので国産POTのBカーブへ。ついでなのでTONE POTも国産に(笑)
配線はベルデン8503、スイッチクラフト ジャック、WEST-CAPコンデンサとお約束のパーツで固めてみました。

ハイパスコンデンサは付いてなかったので付けてみましたが、元々高音域が強かったせいもありスッカスカサウンドに(笑)ということでこれは外しました。
POTは250Kが付いてましたが、試しに500KΩを付けてみたところジャリジャリサウンドになってしまったのでこれも結局もとのと同じ250Kに落ち着きました。

結構癖のあるギターですね(^^;
[2008/07/26 21:16] ギター | トラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shumiza.blog54.fc2.com/tb.php/367-9541de4f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。