スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャープ SD-CX1の蓋修理成功! 

自分が使ってるオーディオ機器はシャープのミニコンポSD-CX1。
この機種はクリアーで存在感のある音(要スピーカー交換)がし、お気に入りです。
が、だいぶ前からCDの蓋が勝手に開閉するように!!
これ夜中静かに聞いてる時にウィーンと動き出すと結構ビビリます(^^;
いい加減買い換え時かなぁと思い最近のシャープ製品を調べてみると現行機種は SD-GX1みたい。
値段も実売2万円台とかなり値下げされているので、試しに蓋修理してみて、
失敗して壊れたら買い換える口実になるわ、と修理を試みることに。

では本題の修理です。

まずはコンセントを抜き本体の後ろ側ケースを外す。
これは見えているネジをドライバーで外して行くだけなので簡単。
側面にもネジがあるのでこれも忘れずに外す。
これで後ろカバーが後方に外れます。

カバーを外すと写真の位置(CD開閉スイッチよりちょい左)に蓋開閉を検知するスイッチが付いた基板が見えるので、
指し示す位置のネジを外し基板を取り出す。
ネジを外しても本体から出てる突起に軽く引っかかっているので無理に外さないように・・・


基板はこんな感じ。
s-IMG_6130.jpg

指し示すのが開閉を検出するスイッチ。
これに繋がるラインにテスターを当てながらスイッチを押してみると、通電はしてる。
が、かすかにでも動かすとへたった可変抵抗のように通電が安定せず、誤認識していることが判明。
ここは迷わず接点グリスの出番でしょう!
ということで稼働する部分の根元に接点グリスを塗り、手で稼働させてグリスをなじませる。
その後テスターを当て、スイッチが多少動いても安定して通電しているか確認。
あとは元に戻しておしまいです。

ごらんのように大まかなネジを外し、接点グリスを塗っただけなのでラジコンや自作PCを
作ったことがある方なら作業自体は簡単かと思います。
が、電気関係で感電の危険性があるので誰にでも勧められる作業ではありません。
もし試される方がいましたら、くれぐれも注意し自己責任でお願いします。
また、別の原因で蓋開閉というパターンもあるかもしれないので、これはあくまで一例という事で。

おまけ画像
FANはこんなのが付いてました。
何年も使ったのでホコリ凄いかな?と思いきや全然ホコリ無し。あれ~?
s-IMG_6140.jpg

[2006/03/26 18:06] AV機器 | トラックバック(1) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shumiza.blog54.fc2.com/tb.php/41-86d3f0b5


「ヤンリク」復刻 中年版

   みなさんはABCヤングリクエストというラジオ番組を聴いたことありますか?
[2009/10/25 15:30] URL わし的パイプのけむり




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。